やる夫と学ぶ教科書にほとんど載ってない三池炭鉱の歴史




「石炭の発見」





=燃える石=



   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |   三池炭鉱の歴史は、
. |  (__人__)  |  1469年1月15日に幕を開けた。
  |   ` ⌒´  ノ      
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





    , -'""'- 、    三池郡稲荷(とうか)村稲荷山  _,..-'''"~""''' ‐
  , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、 (現大牟田市大浦町付近) _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;
, -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::
:、;:;":;";`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;":;";`;:;":、:、;:;":;";`;:;":、;:;":;";`;:;";`;
,.;;:。;:;;::、;,.;;:。;:;;::、;,.;;:。;:;;::、;,.;;:。;:;;::,.;;:。;:;;::、;,.;;:。;:;;::、;。;:;;::;
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,



     /     \   \
    / ―― \     /
  _ノ      \  _ノ
      ____
    /@ @ @ @ヽ
    /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
   / /         |  |
   | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
   || (●) (●)   | | /   ヽ 地元の百姓、
   /         |@| ヽ/〉 ノヽ
  /          | | //ヽノ /
 {           / /|//   `     伝治左衛門
  ヽ、       ノ / //
  ヽ``ー――‐''"ノx//x|
     ̄/○\ ̄x //x| |
   | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
   .|x x // x x(⌒  /x |
   .|=====//'ー'==|
   !、###〈/###/
    ヽ、######/、
     ヽ、#、##/ヽ.ヽ、
      _|#_|_#_|   ヽ.ヽ、
     (Y^ヽ(Y^ヽ|     ヽ、ニ三





   〜 (⌒;;⌒;;〜⌒) ;;〜⌒))/ ´・:;⌒)/
     ..( (( ⌒ ))( 从⌒ )((⌒)  
       ((⌒;;::人 ))(从 ヽ⌒`;;)
   从;;从人从;;从人从;;从人
  从;;从人 / ,' 3  `ヽーっ,、从;;从人
  从;;从人/〈;;::ヾ   ...::;;;\ 从;;从人
 从;;从人  〉;;: ,' 3  `ヽー:;;;;::〈从;;从人
 从;;从人,、〈;;;::.___;    ;: ...::;;;〉,、,从;;从人、



      ____
    /@ @ @ @ヽ
    /@/u ̄ ̄`ヽ@ヽ
   / /    u    |  |
   | /  ⌒  ⌒   | @| い、石が燃えている!!
   || (○) (○)   | |
   /u      u   |@|
  /   u  u    | |  たたりじゃ!!
 {  u        / /|   たたりじゃーーーー!!!
  ヽ、    u  ノ / /




            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      はいはい、八つ墓村 八つ墓村。
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    天      \`i / /  狗   |






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__) 伝治左衛門が山中で発見した
             |     ` ⌒´ノ 「燃える石」、
              |         }  これこそが石炭だ。
              ヽ        }     
            ヽ、.,__ __ノ     
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_ 
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \   
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   石炭はここで発見されたのかお?
  |  l^l^lnー'´       |  
  \ヽ   L        /   
     ゝ  ノ           
   /



   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  世界で見れば、古代ギリシアや
  |   ` ⌒´  ノ    中国戦国時代には、石炭は既に
.  |         }   燃料として使用されていた。
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄ 日本でも古代から存在は知られていたけど、
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !   
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′    この発見をきっかけにして
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/  本格的な利用が始まる。
              V: :lヽ、   _     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l



      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\     古代というのは
. |   (__ノ ̄  |   どのくらい昔だお?
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |



    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|
 . |.  (__人__) .|  「日本書紀」には既に、
   |   ` ⌒´  ノ    「燃える石」についての
 .  |.       .}    記述があるそうだ。
 .  ヽ        }
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /


     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    
/    (●)゛ (●) \   それから何百年も
|  ∪   (__人__)    |  石炭を利用することは
/     ∩ノ ⊃  /     なかったのかお……。
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  
. |  /// (__人__)  石炭は最初珍奇な物と見られていたが、
  |     ` ⌒´ノ  風呂焚きや後で触れる製塩に
.  |         }  使われたことで普及した。
.  ヽ        }   それまでは使い道がなかったのかもな。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \






=江戸時代の三池炭鉱=


   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  時代は下って1721年11月、
  |   ` ⌒´  ノ    柳河藩にて……。
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





     ●
     目
   ..-──- 、
  ▲       ヽ  , - ´〜〜` -、  あ〜過労……じゃなかった家老の小野晴信よ、
  /   ●   ● | \ 晴天 /  
  |    ( _●_)  ミ   ヾア   そなたの長年の働き、実に立派であった。
 彡、   |∪|  、`\ノつ   
/ __  ヽノ /´ヽ  ノ 
(___)   /     藩主: 立花貞俶(さだよし)




     ●
     目
   ..-──- 、
  ▲       ヽ  , - ´〜〜` -、 褒美として平野山をやるクマー。
  /   ⌒  ⌒ | \ 天晴 /  
  |    ( _●_)  ミ   ヾア  
 彡、   |∪|  、`\ノつ   どうもご家老様、なんちてwwwwwwwwww
/ __  ヽノ /´ヽ  ノ 
(___)   /




  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 l r''',:、;  ´ ィ'",-ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l
 | `⌒/   `⌒"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/    あざっすwwwwwwwwww
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"  ⌒`   i;;;;;i, `' /     あそこ石炭採れるんで
  ', ト-----‐‐─'/     `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'' /        ,'  ト、,   堀りまくって家計の足しにしますwwwwwwww
   ヽ ヽ〈   /          Vi゙、
    ゙, ,ヽ==-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /




         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`  ´ r‐ァ| /_ハ,lYゝ  それまで平野山は
         リヽヘ匕!   匕メ/,ノ)/リ   地元民の自由採掘だったわけで、
          }、!、 '_   //ll//    ここから私有炭山としての歴史が始まる。
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ′ //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/
    l:::::::::::::::ヾ::::::ヾllイ::::::::/_::::::::::::::|
   |::::::::::::::/::≧Z厶}カ-弋ヽ :::::::::|
   ヽ,r冖ナ´:::::::::::::::::|.|::::::::::::::::::::r'′
    r'  ( :::::::::::::::::::::‖:::::::::::::;:/







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●)  さらに1790年、
. |     (__人__)   今度は三池藩で……。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨ 
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ  ふ〜ん、石炭はもうかるみたいだね。
         j−'´ |  =   _人  ~ l 〉 うちも稲荷山をマスコットキャラ……じゃない
        / ̄ ̄l         ノ´   藩営にして一稼ぎしようよ。
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐  
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ   藩主: 立花種周(たねちか)
           ゝ───…  ̄



      /ィ ,  /  /  / /             ヽ,
    / / / /  /  / ,.'   │     ヽ
   / / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |
   │ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |
  │ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |
   レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ
    ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| !
       ! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/  当時の三池炭山とは
     /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′     小野家の平野山、
    {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l   そして三池藩営の稲荷山を指した。
    ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!
      \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ
        l    .ヘ     ri ー ´   l/  |
   r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ
    r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \
   /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\
   | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ
 /ヽ三三三三 !/    〉′      // ´  ィ´三 !
/ 三三三三三/   /      //   /:: 三三l




     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
  //, '/     ヽハ  、 ヽ
  〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
   レ!小l●    ● 从 |、i| 
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

柳河藩と三池藩の藩主は共に立花氏で
同じ一族だけど、両藩は互いに独立して
運営されていたにょろ。






     ●
     目
   ..-──- 、
  ▲ ノ     ヽ  , - ´〜〜` -、 最近、三池藩の連中が
  /  ●   ● | \ 豪雨 /   石炭採りすぎだクマー。
  |    ( _●_)  ミ   ヾア  
 彡、   |∪|  、`\ノつ   うちの利権を取ったらり(い)けん、なんちてwwwwww
/ __  ヽノ /´ヽ  ノ 
(___)   /





      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨ 
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ  最近、小野家=柳河藩の連中が
         j−'´ |  =   _人  ~ l 〉石炭採りすぎだよね。
        / ̄ ̄l         ノ´   
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐  こうなったら使用中止裁判……じゃない
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄       「石山法度」を発布(1790年末)して
           `ー┐      l    領内の採炭、販売規則を定め、統制を図っちゃうよ。
            _」      つ   
           ゝ───…  ̄





   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   こればっかりはなぁ……。
 |    ( ー)(ー)  金が絡めば親でも他人、
. | u.   (__人__)  というしな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \  親戚同士で
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ 
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l     ケンカしたのかお……。
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ / 
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\     
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐
           |  |  |       |,_|, __|              |,
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |,、;──‐─────‐───────‐─
            l'___)__)                ,゜ '≒~゚ ⌒ ~ " ~   ̄ ー     〜
                         ;  °。 ;从ヾー~   〜"~       〜
゚           °  。 ゜ `   。  '、从;_゚ノ'〜~  〜´⌒    ´〜
 );  ;゚  。  ; 从  、 ,j ´ヾ。'~〜〆";、〜ッ)ヾ
 ソ  人´; ノ'〜、~ ソ 〆´(  ゞ  〜    、〜   〜' ⌒  ー







 _- " ̄`  ̄`ヽ
 〃 /" `ヽ ヽ  丶  
.//,/    ヽハ 、V ン
 〃{{ ヽ  ノ リ| | |    
レ小| ¥  ¥从 |、|
ヽ||⊃ _,、_,⊂⊃ |ノ|   
rヾ|ヘ  マ_)  !|/⌒ンI  
\/||ャ> _ イァ/ /i
./ミハ| ヾ:|三/{ヘ_∧|

ちなみに当時は藩営といっても、
作業は下請けに流して
藩は税金を徴収するだけだったにょろ。






               この時代の採炭方法は
       クルッ ∧,,∧   道に転がる石炭を拾って
         ミ(・ω・´ )つ サッサ
         c( U・ ゚U。彡・ 。・゚・




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u    (__人__) ザルと天秤棒で運ぶシンプルなもの。
  |     ` ⌒´ノ  相当な重労働であったことは想像に難くない。
.  |         }    
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、     


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \   
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   石炭なんか道端に転がってるのかお?
  |  l^l^lnー'´       |  
  \ヽ   L        /   
     ゝ  ノ           
   /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u    (__人__) 三池は石炭の豊富な地帯だから
  |     ` ⌒´ノ  割と見つけやすかったとは思うが、
.  |         }  草に埋もれた黒い石を探すんだから、
.  ヽ        }   さぞ大変だったろうな。
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、     





    ▲  ▲
   /:::ヽ‐‐:::ヽ
  彡:::::::::::::◇:::ヽ
  彡::::::: G‖::G  また、石炭や資材の運搬などに
  彡:::::(::::::::::::::::::::l
 彡:::::::::ヽ::::::::::::::::|   馬も用いられた。
 彡:::::::::::::ヽ::::::::::::l
  `     (::::o::o)  ちなみに馬刺しは熊本の名物ですね。




                      ''';;';';;'';;;,.,    
  当時の労働者は              ''';;';'';';''';;'';;;,.,  
   三池と柳河両藩総計で           ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
   約1,500人。               ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
             rっ        vymyvwymyvymyvy、  
             ||       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、  
             | ハ,,ハ   .ハ,,ハ (゚ ゚)ハ,,ハ (゚ ゚) /ハ(゚ ゚) ハ,,ハ  
             ( ゚ω゚ )( ゚ω゚ ),,ハ( ゚ω゚)/,,ハ ゚ω゚)  ( ゚ω)-っ
        ハ,,ハ   |   _二二二つ ω゚ )(\ ( ゚ω゚ )二⊃   ハ,,ハ    
  ((⊂二( ゚ω゚ )二ノ   /( ゚ω゚ )  ⊂二\\_/ハ,,ハ二二(  ゚ω゚)二⊃))  
       ヽ    | (´ ._ノ ヽ    ハ,,ハ つ  \(  ゚ω゚)  |    /
        ソ  ) \\⊂二二二( ゚ω゚ )二二二⊃ ⊂_) ( ヽノ
       ( < \  レ’\\   ヽ   /   i ) ノ     ノ>ノ 
        \|\|      レ  (⌒) |   /ノ ̄






    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  / /" `ヽ ヽ  \
//, '/     ヽハ  、 ヽ
〃 {_{        リ| l.│ i|
レ!小l\    `ヽ 从 |、i|  
ヽ|l >   ●  | .|ノ│
|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
| /⌒l __, イァト |/ |
| /  /::|三/:://  ヽ |
| |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
石炭は瀬戸内と熊本方面の
製塩事業に用いられたにょろ。


   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |  その後1853年、
  |   ` ⌒´  ノ    三池藩にて……。
.  |         }      
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨ 
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ  最近石炭需要が急増してるよね。
         j−'´ |  =   _人  ~ l 〉
        / ̄ ̄l         ノ´   うちも新しく生山(いもうやま)を開坑するよ。
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐  
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ   藩主: 立花種恭(たねゆき)
           ゝ───…  ̄



          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"   この時期の石炭需要の拡大は
         レ',`'';  i     , `'' / /   反射炉の設営などが影響している。
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/    三池藩は1856年、幕府に石炭10万斤を
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i     献上した。
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,




       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
煤@ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
   レ!小l○    ○ 从 |、i|
    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
/⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
/:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
`ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

ところがこうした産出量の増大によって、
三池藩と柳河藩の境界争いは激化したにょろ。





 ∧_∧          ∧_∧
 ( ・ω・)=つ≡つ煤シ(・ω・ )     1857年には生山と平野山の坑道が
 (っ ≡つ=つ  頒(つ ι)     内部でつながる事件が発生、
 /   ) バババハパシパシ(   ヾ   両藩の確執は深まった。
 ( / ̄∪         ∪ ̄ヽ)







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) 明治維新を経ると、新政府は産業の近代化には
. |  /// (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ  石炭が必要不可欠であると判断、
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



   / ̄ ̄\
 / ノ  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  | 過去の確執をふまえて
  |   ` ⌒´  ノ   1873年9月5日、
.  |         }  三池炭鉱は官営となった。
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



          ____     
       /_ノ  ヽ、_\   
.     / (● ) (● )\  自由競争は市場原理の
    ///////(__人__)///\    基本原則じゃねーのかお?
    |              |
     \           /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | u   ( ー)(ー)  
. |     (__人__) この時代にそんな概念ねーよ
  |     ` ⌒´ノ  常識的に考えて……。
.  |         }  ある国が短期間に経済成長を遂げるためには
.  ヽ        }   国家が管理した方が効率的だったりする。
   ヽ     ノ        
   /    く  



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/  この時代の日本の場合、それが
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/    「  殖  産  興  業  」
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l      だったわけだ。
r   、  /           !::::::::::: i..:..i    
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''










というわけで本日はここまで。
「短けーよ」ってツッコミは
間に合ってます








                        ,,r=''´::::::::::::::::::;;:''':::ヾヽ;;/ヽ;::::i,:::::::::::ヽ、
                       /''7/::::::/:::::::,ィ'´       ヽ::l、::::::::::::::`、
                        /i::::,,イ:::::::イ`~'''ヽ、      l::| .i;::::l::::ヾ゙ヽ、
         ,, -‐‐ ィ''¨''ー- -.、_    /:l::/ /l::::/:|     `、     ,;i}-キ::::l::::::l
      ,, ‐ ''::::;::ィ'´  Y     ヽ.  /::|/:/:::レ'::::|.,,ィr'=〒ェ、    '´,,_  l::::l|::::::|
      r'f.l::::::::::〈  、_,,≦、/ i  l   ヽ /::::::::l::::|:::::::|ヾ P:::::| `    "P''')ゞ |:::il|::::l
    .{::l l::::::::::::ヽ、.  __∠,,,ノ  j__,,::<゙ム;;;:::::l::::l::::::::|  loァリ_     b;;:/, /レ|::|∧
     ゝヾ、:::::::::::::.ヽ,,,,r''ヽ(,,ィ='゙テ‐--゙  ヽ!::::|::::::::|i    ̄.r- 、 _'_  ̄ /:::::|:::':::::ヽ
    ./ ヽ;;ヾ.、;;;::::::::::::::::::ィ/-、/   ::    `ヽl:::::::::ト、   l    ヽツ   ,/|::::::::l::::::::::::ヽ
   /   ,、_ヽ、,,-三三彡゙    ̄` .::::...    |::::::::::l:ィ\. ヽ、___/ /;;ィl:::::::::|::::::::::::::ヽ, ,-、_.. r-- ァ
/ ヽ、_  /  Z___   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、::::::゙>、| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::∨  '‐┘ └─‐‐┐
\  >`フ        〉  .:|  ┌─────┐  |!.` /,f'ヾ ̄フ '''マ  ,/.:ト、:::::::::::/               |
  丶' /  ィ===-ァ  /~'' ー|  | | ̄ ̄ ̄ ̄ .||;|  ト, //ヾ::::ヾ`=、   ´>::::::::i \:::_`_、 /二コ  i二二二,,,,
   , 、_ ヽ,,/ |  .|/  /   |  | |  | ̄ |   |.i|   .|:ヾ.レ'| ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\. }|__________|
  /   >  /   ヽ ー'    .|  |_|  └‐┘  | |!   |:::ヽ'└──‐┐ .┌‐ァ   ./V:::::::::r─┴────‐┐
 /  / /  x.  \.    |  |::!__r─.i_,,| .!  |::::::ヽ.    ヽi|   | く   .,イi;:::::.\ :::|  ┌┬──┐  |
/  ./,, '"  ./ ヽ  `ヽ、.  |  └────‐‐┘ ..|::::::::ヽ.   ..ノ|   | `Y''i.| ト;::::::...ヽ|  └‐┴‐─┘  |
`'' 、/ \_ /   ..ヽ、_/  |__r─────‐i__,,|:::::::::::ヽ, r',i ̄  ノ   .!.l ノ ヽ .::::i;:|__,r‐r─r─.i__,|
                     /::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:::::::::;r,,ニ彡'´. ̄i、  ..:::::l,ノ_,=ヾi:::::::li、::::l:::| |:::::i
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:l;::::::(/.::::::::::\   | `'':::::::r'゙:;:;:;:;:;:;:;l:::::::l l::::l`! l::::::l
                 /::::::::::::;:;:;:;:;:;:/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:::::::::::::::::::::::::\ !   /,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::::l. l:::| ヽ,|;;_::|
                   /::::::::::::::;:;:;:;:;/.:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト;::::::::::i、:::::::、;;:.\ ../.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l::::::ト,l:|  ヽ∧{
                /::::::::::::::::;:;:/.:::;r‐‐‐-- 、;:;:;|ilヽ;:::.ヾ`''、::ヽ、゙ヾX:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::l:;::|lヽ、 /::/ト、
                 /:::::::::::::::;/.:::::::;:;ヽ,    ,,rヘ|l  ヽ;:.\ \゙''-(;:;゙''ー-:;:;:;:;:;:;:;:;:|:::|:;:;|!イ,,X゙:://:::;〉
               /::::::::::::::/.::::::::;:;:;:;:;/_,,,=''´~ {,,f´`ヽ、 \::.\ >、丈;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::l゙:;:;:\ニ''-'':::,,へ
              /::::::::::::/::::::::::::;:;;r'' ̄  ./`>'´    \. ヽ;::ヾ、  `个-、:;:;:;:;:;:;:;jノ.;:;:;:;:;:;:`i-'''i゙ふ .,〉
            /:::::::::/.::::::::::::;;/ ,r-、_ //    i   ヽ;;ノ\ヽ  |ヽ、{;;;;;;_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|.  `ー''゙
           /::::::/.::::::::::::/   /   ,/     ..::l.       \.  l.  \ `i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l






       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ
   〃 {_{       リ| l.│ i|  
   レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
    ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
    |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |. 
    | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
    | /  /::|三/:://  ヽ |
    | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
次回のテーマは「囚人労働」にょろ。







             126 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2008/11/09(日) 13:16:07.06 ID:Oo1v.UUo

             そういや、日本は燃料としての石炭の利用は歴史的に見ると少ないよな。
             中国では明代にコークスが家庭内の燃料として一般化して
             「中華は火力」の中華料理が成立したけど。

             127 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2008/11/09(日) 14:13:04.77 ID:qC00/DEo

             >>126
             逆に言えば、中国は木を切りすぎて燃料が石炭に変わるしかなく、
             また日本は古くから植林を行ってたから、石炭に手を出す必要性がなかったとも言えるかも。
             木を切りすぎた上に石炭も無いところは禿山だらけになって、藁が主要な燃料になったりもしたけどね。

             128 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2008/11/09(日) 14:20:05.68 ID:52cxmsQo

             インドと中近東は、藁も不足してたから牛のウンコが燃料だよ。

             129 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2008/11/09(日) 22:06:25.54 ID:sbYPO6DO

             >>128
             ウンコ!?燃えんの!?
             ウンコって燃えカスみたいなもんじゃん!

130 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2008/11/09(日) 23:29:07.93 ID:FbY16kIo

完結までは……
結構時間かかると思います。
年内に終わ……るかな、くらいwwww
明日のことはあまりに遠くて
予想もできないよ、と。


意外と長くなったのと、
今月忙しいのと、
同時進行で他のネタもやってるのとで
なかなか時間取れなかったりで。


勝手なお願いではありますが、
時々で構わないので
どうぞ末永くご愛読ください。



ちなみにウンコはよく燃えますよ。
小さい頃、乾燥した犬のウンコに火着けて
遊んだりしませんでした?



…………しないか。




      





inserted by FC2 system