やる夫はクトゥルーの呼び声を聞くようです







       _________________ィ‐' ̄`ヽ
      |                       |::::::::::::::::ヽ
      |     前回までのあらすじ      |::::::::::::::::::::\
      |                       |:::::::::::::::::::::::::\
      | かつて、おじさんが日本で出会った |:::::::::::::f \::::::::}
      |      ある一人のいい男       |:::::::::::::|  ゝ::::|
      |                       |::::::::::::::ヽ  ∨
      |     彼の語る陰惨な事件が     |ー:、::::::::::ヘ
      |  隠された真実に光を当てていく   |::::::::::::::::::::::ヘ_
      |______________________|:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               \::::| |:::::::::ィ !{ ハ T tーr 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
                 ` | |ー--レリル|rfiテ ヽl イテz rr----――― ' " ´
                 | |    ヾN ゞソ    ゞソ//
                 | |    >:´|、  -  ,|`:<
                 | |     |::::::::| >  イ |::::::::|
                 | |     >-、\!  !/::,-<
                 | |  /´:::::::::::::{二{}二}´::::::::ゝ-、
                 | |   l:::::,:-:::::::://::|ヽヽ::::::::::::::::::!
                 | |  /‐'´::::::::,::V:::::!::∨::::::::::::::::::|
                , ' ニ}く::/::::::::/:::::/|::::::::::::::::::::::::::|
                | ーjヽ\::::::'"::/ヾ !::::::::::::::::::::::::::|
                ヽニj }  \:/ \ |:::::::::::::::::::::::::::|
                〈:| |V     }>、___..>!:::j::::::::::::::::|:::::|






  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::      はじまります
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl W|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{

















             その中央には円系に大きな篝火が焚かれ

           まわり取り囲むように、名状しがたい奇形の群れが ――


   _,,..,,,,_       _,,∩,_ ))           _,,..,,,,_            _,,∩,_ )).         _,,..,,,,_
   / ,' 3 `ヽ     / ,' 3 `ヽ       / ,' 3 `ヽ ))     / ,' 3 `ヽ      / ,' 3 `ヽ ))
   l U   j!    (( と     j!      l  ⊃  j!     (( と     j!       .l  ⊃  j!
   `、_,⌒ト、     `、_ ⌒ヽ     (( `、_,⌒ト、       `、_ ⌒ヽ、    (( `、_,⌒ト、
     ,)ノ`J       ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))        ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))
   _,,∩,_ ))               ,         ,                    _,,∩,_ ))
   / ;' 3 `ヽ              , λ '      , λ '                / ,' 3 `ヽ
  .と    j!               );' vi '      );' vi '               .と    j!
  (( `、_ ⌒ヽ,             ( ; ':リ      ( ; ':リ               (( `、_ ⌒ヽ,
     ,)ノ `J ))       ,      彡三ミ      彡三ミ    ,              ,)ノ `J ))
     _,,..,,,,_        , λ '                    , λ '          _,,..,,,,_
   / ,' 3 `ヽ ))       );' vi '                   );' vi '          / ,' 3 `ヽ ))
   .l  ⊃  j!     .    ( ; ':リ     ,         ,      ( ; ':リ          .l  ⊃  j!
  .(( `、_,⌒ヽ        彡三ミ   , λ '      , λ '   彡三ミ        .(( `、_,⌒ヽ
      ,)ノ`J ))               );' vi '      );' vi '                 ,)ノ`J ))
   _,,∩,_ ))                ( ; ':リ      ( ; ':リ                ._,,∩,_ ))
   / ,' 3 `ヽ               彡三ミ      彡三ミ               / ;' 3 `ヽ
  .と    j!                                         .と    j!
  (( `、_ ⌒ヽ                                       .(( `、_,⌒ヽ
      ,)ノ`J ))                                                ,)ノ`J ))
   _,,..,,,,_       _,,∩,_ ))           _,,..,,,,_            _,,∩,_ )).         _,,..,,,,_
   / ,' 3 `ヽ     / ,' 3 `ヽ       / ,' 3 `ヽ ))     / ,' 3 `ヽ      / ,' 3 `ヽ ))
   l U   j!    (( と     j!      l  ⊃  j!     (( と     j!       .l  ⊃  j!
   `、_,⌒ト、     `、_ ⌒ヽ     (( `、_,⌒ト、       `、_ ⌒ヽ、    (( `、_,⌒ト、
     ,)ノ`J       ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))        ,)ノ `J ))       ,)ノ`J ))



                    i⌒i
                 ノ!::::|            i´)
              __ノ |:::::i                |::::lヽ、
               /\  l:::::゙|             |::::|  ヽ、
                )  ヽ ヾ:::ヽ _, -―(⌒ト-、 ノ:::::|    〉、
             (    ヽ ゝ、〃-‐、;::::ヽ|iヽ|´フー'::;、ノ  /  l
               〉    ゝ/∠ー 、  l:::::;|レ)|l´ ,、_」ヽノ    ヽ
             ヽ‐-、_./l´`ー-' ノ:::::::lヾノノ、 〃_, 「l|     ヽ
        (´ヽ    ノ   |::ゝ、__.ノ:::::::::人 ヽ::ゝ、  ノ:l-‐――´ノ          飛びはね ――
           ヽ ヽ  ノ/⌒ゝ;:::::::::::::::::::/::/ /)::::::`´:::::ノ、   /
         \::\ ヒ /7'::::`ー--‐::´:::::::レ  )ゝ、__:;ノ{、ミ:ヽ、 /
         ,-‐´⌒`::ー‐-ゝ、:::::::::::::::::::::::::::|、 \::::::::::::::::}:;>、ゝ            ,っ、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::1 \  l:::::::::::::ノー-、´       ,-ー〃 ノ
,.-、_  /:::::::::::;;:-、,ヘ、___」::::::::::::::::::::::::::::(ヽ \_)::::::::ノ::::::::::::`::ー―-、,-―'〃 /
ゝ、::`::´::::::; /   /⌒i  ヽ:::::;-‐- 、:::::::::ヾ\ 〈:::::::::ノ_-、__::;、;;__;::-゙' /
   ヽ-='     /   /  〉ー':::::::::::::ヽ::::::::::ヽ ) /~`く  `ー--- ――‐‐ ' ´
             /   /レ::´:::::::::::::::::::::/:::::::::::::{、レ!:::::::::::`ヽ
          ゝ  |:::::ヽ::::::::::::::::::ノ`ー-‐―´`、::::::::::::::::::ヽ
           ヽ、!:::::::::::::::::::_/         ヽr:::::::::::::〉
            `=--―´            (::::::::::::/
                       │      ヾー-、ヽ、  
               │      │       `ー-つ'
               │      │      │       
               │      │      │  ぼいんっ        
               │              │    




              ハ,,ハ
             (゚ ω ゚)
           ((⊂ノ   ヽつ ))
             (_⌒ヽ
         ε≡Ξ ノノ `J
                   ハ,,ハ
                  (゚ ω ゚)
                ((⊂ノ   ヽつ ))          身体をよじり ――
          ハ,,ハ      (_⌒ヽ
         (゚ ω ゚) .ε≡Ξ ノノ `J
       ((⊂ノ   ヽつ ))
         (_⌒ヽ           ハ,,ハ
     ε≡Ξ ノノ `J           (゚ ω ゚)
                     ((⊂ノ   ヽつ ))
                       (_⌒ヽ
                    ε≡Ξ ノノ `J



┌――――‐r  ___      _    ァ――――‐r  ___     _     ! ̄| ! ̄|
. ''ー――――"  |___|   / !  ''ー――――'  .|___|   / !   | | !  !
匸二二二二 ̄|        /  !  匸二二二二 ̄|        /  !    .|  | !  !  | ̄|  r--------┐
       ,/ /       ./ /          / /       ./ ,/     l  .l !  | ,/  /  `ー―――‐′
 ___, -'  ,/  r―‐''"´ __/     __,-‐'  /   r―‐‐" __/    ./ ,/ .|  ~" ,/
 `ー----ー'"   `ー-‐‐'""      └-----‐'"   `ー-‐‐'"      一''´  `ー-‐'"
.    |     l      ,..-──- 、      |___|
.    ├──-┤   /. : : : : : : : : : \     |     |
    .|     |   /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ   ├──‐┤
    .├──‐┤  ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',   l____l
     !     !  {: : : : i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i: : : : :}  /    ./
     ヽ───ヽ {:: : : ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : :} /───/  
.      \___{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;! /___/
       .\   ヾ: : ::i r‐-ニ-┐ | : : :ノ/     /          わめき ――
         \──ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐'/───/
           \_ノ| \` ー一'´丿 | |____/
            )/ |  \___/  / ',  /    | |
            !   \  /^ト、  /  ` ̄/    //
            !    \/l:::|ハ/     l   //
            l      |:::|       |
            |      |:::|       !
            |      |:::|        l
            |      |:::|        !



  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!       吠え ――   
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |




      |l| | |l| |
     _,,..,,,,_
    ./ ゚ 3  `ヽーっ
    l ゚ ll ⊃ ⌒_つ
     )`'ー---‐'''''"(_
     ⌒)   (⌒   ビターン
        ⌒

     _,,..,,,,_
    ;./ ゚ 3  `ヽーっ;.
    .;l ゚ ll ⊃ ⌒_つ:                    のたうちまわっていた
     `'ー---‐'''''"'   プルプルプル…

         ∩∩ ))
     _,,..,,,,r'゙ <く
    ./ 。' 3  ヽ ) ーっ      
    .l    ∩ . ノ ⌒_つ ))
    `'ー---‐''  ''''"  クネクネクネ    






            491 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 19:09:17 ID:w6dBYhoG

            ホントに名伏しがたいな






          _,,_,,,,,
      ,,r '";;iiiiiiiiiiiiiiiiiii;;`i;,,、
     /::::;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;::`;,、
    /::;;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;:::::\
    l:;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;:r、
    'liiiiiiiiiiii/iiiiiiトiiiiiiiiiiiiハiiiiiiiiiiiiiiiハヽ
    ,-、iiii/liトハiiハiii/ lハliリiiiiiiil"`'
     〈 `'jV  .____,,,i,,__ii   _,,,iiトiiiハ/      阿部さん、その表現はちょっと……
    ヽ、_ '" r-ョァー   "ya-//"
       ヽ  ゛~`   '、 "~'/''"
      _r-|ヽ、  _  _'" , '
  _,./'/ ii  ` 、  ' , rt,_
'"_,,  / l"    `''";l、ヽ, "'  ,
    /  `,       `〉 i、   ` ,、


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|   
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ         おっと失礼
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ        
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ         漁村の住人たちは、ある種独特な風貌をしていてね
     ヾ、!      !;     ,レソ         その地域の人間にあらわれる遺伝的な形質らしいが……
       `|      ^'='^     ム'′        
       ,rト、  ー- ─-:  /|            まあ、人間には見えなかったってことだろう
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、       
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_       ……話を続けるぜ
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、




 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧      ___/ ̄ ̄ ̄\
< ┌┐  ┌───┐ >   /  / / ̄ ̄ ̄ ̄\
< ││  │┌─┐│ >  /    ̄          \
< ││  └┘ //  >/    □            \
< ││    //    >// ̄~\ / ̄ ̄ ̄\      |
< ││     ̄     >|//\ヽ ∨〃/\   \   /\
< ││       _   >//(・) \ゞ/ /(・)  〉   |  | ∩.|   警官隊のうち何人かは呆然自失となり
< ││     //  >| \_/ノ  \_/ ノ し|   | ∪|
< ││    / |   >l:::::::::∠~         ⌒|   \/   一人が気を失い、またある一人は絶叫をあげた
< ││   //||   >|:::::::::r〜〜‐、ヽ      /    /
< ││   ̄  ||   >|:::::::::)jjjjjjjjjjjヽヽ    /   /
<   ̄       ̄    >|:::::::::|,,    ||  /   /       その叫び声は幸いにも夜宴の騒ぎにまぎれて
<  ロロ┌┐┌┐┌┐  >!:::: ヽiiiiiiiii// /   /
<   ┌┘│││││  >ヽ  ヽ〜〜"/   /           かき消されたようだったがね
<     ̄ ̄ └┘││  > ヽ、__,,,_∠__/
< ┌┐┌┐   ││  >  _]:::::::   [_
< ││││   //   > ̄~        ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
< ││││    ̄    >               ,〜ヽ
< └┘└┘        >             〜 ノ ̄\
<  [] []         >           ’ノ⌒⌒⌒⌒〉〉
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨            {       Y∫




    ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
 ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
(  ,'        ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,              篝火の取り囲んだ中央には石碑がそびえたち
 `''|     ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
   !  (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7       その周囲には哀れな犠牲者が……
   '、 `-`,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,    ``ー''" 
    ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \、 ヽ               
   (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7ヽ        通報してきたと思われる旅行者とその仲間たち
    `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"、 ヽ          
    ,.-'''!       '、:::::::::::::::::::i  ``"      \      そして、駐在所の警察官が折り重なるように横たわっていた
 ,.-,/  '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ  /:::::::,
(  ,'     \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ i::::::::,
 `''|          |::::::::::::::::,.-,/  ``"       \>::::::::::
   !       '、::::::::::(  ,'       !       '、:::::::
   '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::`''|       '、 `-=''''フ'ー''ヽ、





      :::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::
   ::::::::::::::::::.:.:.:.:.: : : : : : : : : : | : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::
 :::::::::::::::::::.:.:.:.:.: : : : : : : : :    ̄| ̄  : : : :|/: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::
::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : : : :   ∨   +       /| : : : : : : : ':.:.:.:.:.::::::::::
:::::::::::.:.:.:.: : : : : :\|   ∧             x : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::
::::::::.:.:.:.: : : : :   |\      ___ X     x    : : : : :.:.:.+:.:::::
::::::.:.:.:.: ' : : ,      X /´    ` ヽ、×     ,  : :': : : .:.:.:.::::: 
::::::.:.:.:. : :      '   ,  / __,.!    、__ハ    r;ニヽ、: : : : :.:.:.+::::
:::::.:.:.:. : :         /  (ヒ_]    ヒ_ンハ   リ | ! : : : : :.:.:.:.::::  村人たちは、外からやって来た人間を生贄に
:::::+:.:. : : 十   ―|-- ! '"        "' .´~⌒ヽノ丿十: : : :.:+:.:::
:::::.:.:.:.: : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, ̄!  ::.,.    、 、  ( (⌒'ー‐´  ̄. : : :.:.:.:.::::  狂った血の饗宴を繰り広げていたのさ……!
:::::::.:.:.:.:.: : . ,   ' 、  ノ^ヽ  `ノハ ハ、 ヾ ノ_   , . : .:.:.:.:.:.:.:::::: 
:::::;::::::.:.':.:.: : : : /ヾご..√ `ヽ.~丿 ! ト、 `〜´  ヽ: : .:.:.:.:.':.:.:.:::::;::::::  
:::::::::::::::::::::.:._∠: :_`ヾご.ノ^ヽ、’  / し'⌒ヾ、_ノ`ヾj:.:.:.:.:.x:::::::::::::::::::  この石像は彼らが祀っていたものだ
::::::::::::::::/: : : : : : : j-l: : : : : :`ーべ,_ _ン⌒ヾこ !´ ̄: : ヽ、 ::::::::::::
    l: : :ー- 、_:/ ヽゝ、: : : : : : : _,:_j : : : : : : /ゝ、: : : : : ヽ       そいつはいったい、どんな神さんなんだろうな?
    ヽ: : : : : \   ゝ: ミ--‐ '´: ,.-` ー--r'   ヽ-‐ : : :ヽ
      `‐ 、: : : ー-r'´ :ヽー- : : :/: : : ヽ: : レ- 、__/: : : : :/
        ` ー- 、: : : : :〉--: :/: : :j: : : : :l.: : : : : ___,/
             ̄`´ヽ: : :': : : /: : : : :「  ̄ ̄ 
               へ、____j_______,イ!
              /;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...j
              レ' : ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ : |
             /: : : : : \;;;;;;;;/: : : : |
             |: : : : : : : :/「: :l : : : : |









      ,,,,,,,、 _,,,,,,,
    ,,riiiiiiiiiiiiiiiiiiii;丶,
   ノiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ
  彡iiiiiiiiiiiiiiiiiiハiiiiiトiiiiiil
 ノハiiiiiiiハii/-,/,i/''ハiiiiiil    
   ハiliiリ リ '~‘yi`r ';リi/         …………。
    'ヘヾ;,  ^~  ,`イ     
     丶` ..__   ,  'i,   
       ` .、 /   'r.、
         `'"_`i_,./,;;\ 
         //'''''   "  ヽ,


     / ̄\
    |     |
     \_/      
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ        まずは50万本、最終的には100万本のセールスを目指します……
   .| ●_ ● |\  
  /(〇 〜 〇|─\      私たちが提供するのは「夢」です
/   \__/   \
|    (__人__)     |    その夢を共有しようとする全ての人たちに
\    ` ⌒´    /    購入する権利は与えられるのです……
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \








/  /  |文|/ // / (´⌒(´警察根性みせたらー!!!`)
  /.  _.| ̄|/|/|/    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`)       警官隊が恐怖に立ちすくんでいたのは
/  / /  |/ /     (´⌒(´(,゚Д゚ )つ `)`)
  / /  /ヽ  (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)        現実的には比較的短時間にすぎなかった
 | ̄|  | |ヽ/|  遅れるな!!   ( |  (⌒)`)⌒`)
 |  |/| |__|/.   ∧__∧ ⌒`)ド し'⌒^ミ `)⌒`)ォ
 |/|  |/  (´⌒(´( ´∀` )つ  ド  ∧__∧⌒`)          ほぼ100人ちかい村人が群れをなしていたのに
 |  |/    (´⌒(´( つ/] /    ォと( ・∀・ )突撃――!!
 |/        ( |  (⌒)`)  ォ ヽ[|⊂[] )`)           彼らは決然と、自分たちの持つ小さな拳銃を頼りに
/         (´ ´し'⌒^ミ `)`)ォ (⌒)  |
                   n__n   ̄ (_)`)`)         その恐ろしい夜宴のまっただなかに踊りこんでいったんだ
               ,∧∧、 ノ   
              c('・ω・`)っ ズコ-



          _(こ^)、_
         〃、__ノノ、__,ヽ
           {.っ>  <っト、
        (⌒i  (千于`ー┴'─────┐      騒乱が収まるまでの5時間は
      (O人  `ー|                |
        /⌒ヽ(^う 見せられ.      |       筆舌に尽くしがたいものだったようだ
        `ァー─イ    ないよ!   |
        /  (0::|__________|
          /\____/                 その話を初めて聞いたとき
       /   /  ⌒ヽ
   ___/  / ̄ ̄`)  ノ                オレは自分の耳を一瞬疑ったぜ……
  (__r___ノ     (.__つ





         狂乱が鎮圧されるまで、双方に多大な犠牲者が出た

        村人のうち抵抗の激しかった10人を射殺、37人を拘束


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;::::::::::. ⌒ヾ:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;:::::::ゝ__,ノ:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;    残りの村人も現場からの逃亡をくわだて
;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; . . . ''''''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; . . .         ''''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    全員が海に飛び込み
;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; . . .              '''''';;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; . . .             ......,,,,,.;Å;;;;;;    そのまま行方がわからないという
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; . . . .         ,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;; |:::|;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;  _凸___ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; . . . . .     ,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄ ̄
'''''~~^^ ゝ=====フ `'''''~~^^`゙'''~~^^`'''''~~^^`'''''~~^^`'''゙''~~^^`'''''~~^^`'''''~~   あの辺りの海は潮の流れが速い……
   ~~^^''^゙゙^^''^"
     ^^                ^^                ^^        おそらく、死体も浮かばないことだろう

          〜                〜
                       _,,..,,,,_              
    〜〜               ./ ,' 3  `ヽーっ    〜〜
                      l   ⊃ ⌒_つ 
                      `'ー---‐'''''"









             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;| 
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ        警官隊の被害は20人中、3人が死亡
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ 
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ        5人が重軽傷、2人が行方不明……
     ヾ、!      !;     ,レソ 
       `|      ^'='^     ム'′ 
       ,rト、  ー- ─-:  /|   
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、  
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|   アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ    |
\                                  /
   ̄V ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄V ̄ ̄      後から応援に駆けつけた者の証言によると
  ∧ ∧            ∧_∧        ∧,,∧
  (,,゚∀゚)       '' ̄ヽ  (  ゚∀゚ )       ミ゚∀゚ ミ       残された警官たちの半数も、みんな神経に
  ./  | ( ゚∀゚ ) .| ゚∀゚ .|  /つ⌒l'~O  ∧_∧  ミ  ミ
 (___ノ (∩ ∩) └ ー ┘ (l、__(_)___)( ゚∀゚  )  ミ,,,,,,,,,ミ      何らかの異常をきたしていたそうだ
/                       ~~~~~~~      \









             ,、 -- 、i!__
          , '´       ``ヽ、
      _ ,/            \
       ∠     li  ト、 、  、    ヽ
       /    , , |ヽlヽ!ヽ、|ヽ!ヽ     l               馬鹿げてる……
        レ!  ./Viレ'  , -ーニー-、レ、   .l
       |  |i ,-ー、   '⌒iTッ   .| /`ヽ!               あなたは、自分が何を言ってるのか
       ヽ, ', ハT:}     ゙´   ` ソノ.               わかってるんですか?
        `ヽ', ''´ノ         _,イ-、
          {l  `         / ヽ┤ |``ー- 、
            /入   ̄    ,   ./  |     `ヽ、
          ト、 ゝ>-ー'  ̄`ヽイ   /  .|    ,、 '" \
          了、_       .〉  ./    |   /      ヽ
            /ヽ``ー-l'    |  /__   |  /       l


     / ̄\
    |     |
     \_/      
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ     
   .| ●_ ● |\  
  /(〇 〜 〇|─\      …………。
/   \__/   \
|    (__人__)     |
\    ` ⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



             ,. -‐………‐‐一ァ
             /.:::::/l.:::::/.:i::{:::::<_
              /.:::::,lィ≠≧厶∧|`ヽ:::::`ア
             /.:::::/l/ ,f弋{「``  、__厶::::ト
          {::::::::{         く衍∨!::l        一つの村がまるごと[ピーーー]なカルト団体で
          jr弌:!          ′ !」``        そんな大規模な事件を起こしたっていうんですか?
          { ⌒`       一 、    } 
           ヽー┘            , '          この平和な日本で、そんなことはありえない
           `T7        , '     
            个        /.            そんな事件が起きてたら今ごろ大騒ぎのはずです!
.              |     厂「´       
         _. -‐┤       「ノ`ヽ
         ∠    |     /   }
.        }  } ,r<_   /  ∧ 厶__
.       ,'   て{::::.::.:.:.: ̄」 /  ヽ {、 `丶、



も .話 あヽ、  _,,._,,.....、、..、、、,,_ 
ん は り  Y゙´         .}, 
な 丶え  |       ,.ァぃぐ 
ん .あ.な  !   ァ')'゙⌒´  'リヽ, 
だ .り い  {   ヾ、  ,.、=ニテ‐゙レ 
ぜ え っ   |.     〉 '" /{!  .\ 
? な て  /,r‐-、  /     ̄´     `i.
  い  / | !`ト,jィ .`、       - ノ 
``Y゙l ̄   ヽ, ぃ.ヘ, リ         _ス 
   ヾ    ヽ,_`{'′       ゞ、_)'  ベェ-
    }    ル゙ ``ヽ        ,イ
.    |  ;ル′    `‐、_      |




    〃                 i, 
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 
    !  :l      ,リ|}    |. } 
.   {.   |          ′    | }       キミの言う通りなんだよ、イカリシンジ君
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|      もしこんな事件が世間に知れたら、日本中が……
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|        いや、世界中が大騒ぎになるだろう
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'        その衝撃が社会に与える影響は計り知れない
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ        だから、おおやけには出来ない
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\  



           __ヽ! __
         ,.ィ´::::::`:::::::::::::`ヽ、
       ,.イ /ィ,ヘハ::::::,ヘハヘVヽ.
      /:::レ'!wヘハN:::::レvVヽ∧ハ
     /,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ' |::::::::::::::::::ハ::ハ!:::ト::ト、:::::::::::ト、
       !ハ:::::|iV_' リ  !ヽ! i_,.l_!|:::_ノ`
       {fti´,イr゙メ‐' ーイチ ) !イr}        …………。
        ヽ.j  ̄"  i `゙´ /-'´
          ヽ、  _.._   .イヽ、
        ,.-‐'/ `>、_ ,.. '´ ゙y' ト、_
      / ,r'´ i /ヽ.´  / j |'" !、
     r'  /ヘ.  |'__  ! // /   ヽ.
     |  V´ ゙! |ヽ.` ‐イヘ  r'    ヘ


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|       こういった事件の場合、その原因や背景を
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ       外的要因に求め解決することは意外と簡単なんだ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ 
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ       だが、それを世間に対し発表した時に……
     ヾ、!      !;     ,レソ 
       `|      ^'='^     ム'′.       いったい何が起こると思う?
       ,rト、  ー- ─-:  /|   
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、  
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



     / ̄\
    |     |
     \_/      
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ     
   .| ●_ ● |\  
  /(〇 〜 〇|─\      ……集団ヒステリーか
/   \__/   \
|    (__人__)     |
\    ` ⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|       そう、間違いなくある種のパニック状態が生まれる
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ       それは既存の宗教団体への偏見や弾圧からはじまり
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ       やがては社会不安、政情不安へと発展し……
     ヾ、!      !;     ,レソ 
       `|      ^'='^     ム'′.       ひょとしたら、体制の土台を揺るがす事態を招くかもしれない
       ,rト、  ー- ─-:  /|   
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、       
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



     / ̄\
    |     |
     \_/     
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ     
   .| ●_ ● |\  
  /(〇 〜 〇|=\       ある種の情報は他者に伝わると
/   \__/●> \      「感染」し「発症」する例があるという……
|     (__人__)   |  
/     ∩ノ ⊃  /       私の友人は領域伝播情報学とか言ってたか
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  




´::::::::/ィノl,.イ l/ノ::::::::::::::::::::::::lヽj\_::lヽ、::::ミ:ヽ
::::::::/::::l/:::::l/::::::::::::::::::::::::::::::゙vヘハト、 ヘ:::::Vハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::\l:::::::::::i
:::::::::::::::::::,イ:::::::::/ |::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::::::::/ |::/|::/ l:::i:::::!  ';:ト、::::ト、::::::::::::::::::::::::::::l
:/l::::::/l:! l/ l/  |;ハ:::|  リ ヽl !:ト:::::::::::::::::::::::l
ノ !ハ:l ,リ-‐‐- 、     l:!__ ___ ,リ l:ハ:::::::::::::::::::ハ
  !r-! ィ'Tメミ ヽ    ‐,=ニ 、_` `   ヘ::::,:rーv′
  { ヽ! ヾ少       {トソ `>    l:/,.f⌒リ
  ヽ l            ` ´      ソ/l´) /
    ヽ!     ノ           r'ソ /
      、   丶          メ-‐'"      ……にわかには信じがたい話ですね
      \   ヽ二)      ,.ィ'
       \        ,. '´,'
     ,.-‐ '´lヽ、   ,. '´  !、
    /  く  |  `¨ ´     l \
   __/    {,.イ         l !  ヽ、
 /ノ     ! l         |、l    i`丶、
'´  i     l、         |    ',   ` ‐ 、
   |      l          l    ヽ.__    '' ‐ 、
_,.-‐l      ゙i  ̄`ヽ _,.-'´ ̄ |     ヽ.\     `ヽ、







           ,、 -- 、i!_               r(     ,、_        /.  た
        , '´       ``ヽ、           ゞ, rr〜ヅ´ ミ        ,'.   と
    _ ,/            \            フハ    _ ミ        {...  え
     ∠     li  ト、 、  、    ヽ          |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {   ば
     /    , , |ヽlヽ!ヽ、|ヽ!ヽ     l           ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l    の
      レ!  ./Viレ'  , -ーニー-、レ、   .l          ,' ,.‐'"    { {い) / ノ    話
     |  |i ,-ー、   '⌒iTッ   .| /`ヽ!          ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐-、だ、._,、-'´
     ヽ, ', ハT:}     ゙´   ` ソノ         〈.、,..        ,.‐'´      `' 、丶、
      `ヽ', ''´ノ   〃〃   _,イ-           )__.. -ァ   /
        {l  `         / ヽ┤ |``ー- 、       Y´_   ./   \    \\
          /入   ̄    ,   ./  |     `ヽ、     ゙i゙   {     \    \\
        ト、 ゝゝ-ー'  ̄`ヽイ   /  |    ,、 '" \   丶、,、イ      \    \\ズイッ
         、_       .〉  ./    |   /      ヽ      {       . \    \\



    〃                 i, 
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 
    !  :l      ,リ|}    |. } 
.   {.   |          ′    | }    センセーショナルな通り魔事件が起きたとしよう
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    すると、事件に影響を受けて後に続こうとする者が
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|     一定の確率であらわれるだろう?
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ 
.    }.iーi       ^ r'    ,'      共感する者、模倣するもの、何も考えない者……
     !| ヽ.   ー===-   /      そこにはもう、理由など存在しない
.   /}   \    ー‐   ,イ   
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\  




     / ̄\
    |     |
     \_/     
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ     
   .| ●_ ● |\       確率としては、そう多くはない数字だろうが
  /(〇 〜 〇|=\      私はそういったケースを身を持って知っているよ
/   \__/●> \  
|     (__人__)   |    少し意味あいは異なるかもしれんがね
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  



      ,,,,,,,、 _,,,,,,,
    ,,riiiiiiiiiiiiiiiiiiii;丶,
   ノiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ
  彡iiiiiiiiiiiiiiiiiiハiiiiiトiiiiiil
 ノハiiiiiiiハii/-,/,i/''ハiiiiiil    
   ハiliiリ リ '~‘yi`r ';リi/         …………?
    'ヘヾ;,  ^~  ,`イ     
     丶` ..__   ,  'i,   
       ` .、 /   'r.、
         `'"_`i_,./,;;\ 
         //'''''   "  ヽ,




     / ̄\
    |     |
     \_/      
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ     
   .| ●_ ● |\  
  /(〇 〜 〇|─\      昔、私が革新的な論文を発表した時の話だ――
/   \__/   \
|    (__人__)     |
\    ` ⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




                      / ̄\
                      |    |
     / ̄ ̄\            \_/
   /ノ( |\___ \            ヽ__
   | ⌒ |     ̄|           / ̄ ::::: ⌒\
   |  ぃ\____|__,,,,,,,,,,,,,,,,,,, , i; ノ :::::::<●> \      あの頃、学界にいた多くの人間は
  /⌒ヽヾミlll日llノ{__≡◎≡|||]ノ <●>_人__)⌒::l
  / __      /   ''''''''''''''''''' 、  ノ:⌒ヽrっヽ:゚/      私の研究をあざ笑い、私のことを排斥しようとしていた
 (___)    /           ヽ__ `〜'
                        /       .|       その嫌がらせは熾烈を極めたものだった……
                       /       |
                      /        |




         / ̄\
        |     | 
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\   マチガッテルノハワタシカ?
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\   ソレトモ、セカイナノカ?           
    /:::::::::: < ゜>::::::<。> \                     一番苦しい時期だった
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________         
     \::::::::::   `U⌒´  ,/ .| |          |        私自身、自らの存在に疑問を抱かない日はなかったよ
    ノ::::::::::u         \ | |  第2048回 |
  /:::::::::::::::::      u       | |  オプーナ   |        そんな状況の中……
 |::::::::::::: l  u             | |  開発会議  .|
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |




     / ̄\
    |     |
     \_/      
    /) | /)     
    /  ⌒  ヽ     
   .| ●_ ● |\       
  /(〇 〜 〇|─\ 
/   \__/   \          私にも、数少ない賛同者たちが生まれた
|    (__人__)     |
\    ` ⌒´    /
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




  ___                / ̄\        ム  i
 「 ヒ_i〉   .       .   |    .|         ゝ 〈
 ト ノ              \_/         iニ(()       彼らは私の話に耳を傾け、私の研究に興味を持ち
 i  {               __|__           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }.      私のことを諸手を上げて歓迎してくれた
 |   i         /<●>::::: <●>\       {、  λ
 ト−┤.      /:::::  (__人__):::::  \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!       状況は何も変わらなかったが
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /.         彼らのおかげで、現在の私があるのだ
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
    / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
    |   |    発  売   決  定!!   │|
    \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ




        / ̄\
         |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \       ……シンジ君、キミもそのなかの一人だよ
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     | !
    \    ` ⌒´    / 
    /           \




               __ヽ、 |!__
            _,.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::`丶.
            ///l,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          /レ' ヘイ//レ' ivl::::::::::::ハi\}\:::ヽ.
        /::::::://::::::::::::::::::ノハ!:::::::::::|,ハ l\ ト、}::::ヽ,
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::::ヾ:::::::::::::i
      /ィ:::::::::::::::::::::::::::::::,イ:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
    '´/:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::li:::|ヽ、:::::、::::::_:::::::::::::::::::::::::|
     l':::::::::::::::::::/|:/i:::/  i::|゙V   \:::ハ:::i ヽ::::::::::::::::::::l
     !/| ハ:::::::::i l! |/   リ     ヾ ヽj  ゙リ、:::::::::::/
        !ハ:::|V  _,.-‐、    `  ̄`゙二ー‐-、  i::::_;:/       教授……!
       rヾ! ,. ´,.r=,ミ.ヽ      'l´ト‐i`ヽ  |:/r'´゙l
       ヽt゙、  i r'::;リ        ゞ='-'    リ tヲ/
        \ヽ. ` ̄  ,     〃〃 !   ー'ノ
          ヽ_i   ''"  '、           /ー'"
               ゙.              /
               ヽ、   ゙、二フ    /!
              丶.        /Vヘ!
                > 、.   _,. '"  |`ー-、
              / |   ̄      |、ノ  l
             /   ,|        /   `}__
            ノソ   i !         /     ! i、
        _,.-‐'"/     !      /     l  `゙-、




         / ̄\
         |    |
         \_/
           |
        /  ̄  ̄\
      /  ::\:::/:: \       おっと、それ以上は近づかんでくれたまえ
     /  .<●>::::::<●> \
     |    (__人__)    |     何やら身の危険を感じるんでね……
     \    ` ⌒´   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



            _
      _,,......,、._  /,_:::::\
   _,,.i'_-    \  \::::\
  ,/::::::::7i !l/    `i.  \::7
  |;;;;;;;;;;/,i/| ,'^ i   _,> // 
   >,ハri_'、__`トーl::::::::::ト, '/
     ゙トー,---'::::,,,,::/ 7|| 
     ヽ::::i'::::::::r''=ー、'/ ||
      >;::\:::::ヽ ,/\||
     'i_゙,ノ _>:::::>/
        〈_,>ア"]




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::─ :::::: ─\           ……話を戻そう
  /   <●>::::::<●> \
  |       (__人__)    |         阿部君の話はだいたいわかった
  \  ..   ` ⌒´   /           それで結局、キミは何がしたいんだね?
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|       
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ       …………。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /| 
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、 
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::ノ  ::::: \\      私の研究発表の場を台無しにはしたが
  /    <―>:::::<―>\     単なる嫌がらせや、からかい半分で行動する男には思えない
  |        (__人__)   |
  \  ..   ` ⌒´   /     ならば、その目的は?
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <●>::::::<●> \     ……いったいキミは何者なんだ?
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



            ___ 
 .        ,,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
         f^'^^了t^'^'`'ー1  l
         L_ ! ___ { ,..、|
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|            最初の質問に答えよう
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉



           _  -───-   _
           ,  '´           `ヽ
         /                 \
       /                    ヽ
     / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
      ' 「      ´ {ハi′          }  l
     |  |                    |  |
      |  !                        |  |      オプーナ教授……
     | │                   〈   !
     | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ     アンタは、明瞭な思考と豊かな学識を持ちながら
    /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    そのエキセントリックな行動ゆえに周囲の環境になじめなかった
    ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
   | | /ヽ!        |            |ヽ i !    ……いいや、違うね
   ヽ {  |           !           |ノ  /    
    ヽ  |        _   ,、            ! , ′    心理学、社会学、民族学、史学、哲学、そして宗教学といった
     \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'       複数の専門分野にわたる稀有な才能を持つからこそ
       `!                    /        アンタは常に孤高であらねばならなかったんだ
       ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
          |\      ー ─‐       , ′ !
          |  \             /   |
     _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
_ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <●>::::::<●> \     …………
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}            だから、オレは強引な手段を使ってでもアンタに近づいた
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、           アンタがアメリカにイっちまう前に、何としても話を聞きたかった
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、  
            ヽ、  /__,∠、    `'-、       アンタに助力を求めれば、社会的影響を最小限にとどめたまま
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ      最大の効果を得ることが出来るからな……!
              /           〉 ヽヽ     
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <○>::::::<○> \     ……何が聞きたい?
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::} 
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ            事件で拘束された村人や神経衰弱した警官たちが
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、.           うわ言のように繰り返している言葉がある
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、  
            ヽ、  /__,∠、    `'-、.       こちらからどんな質問をしても、彼らはそれしか答えない
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ      
              /           〉 ヽヽ   
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <ー>::::::<○> \     その言葉とは?
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




              〃''7´
  {  l ̄`ヽ(  ヽ ! / ,;〈
     j| /     `ヽ;;,,   ヽ
  / / l!        ',;    ',
  / /         |    |
  /   l          !    l    フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン
,.イl!    l!         /,    l!
ゞ{l       , , ,;;;ノ、,,,   /
r''l      ' ' ' ' ''l;;;''''''  |
、 |           |;;    |
.ヽ!   !         |;    |
__」   l        |ヽ   |
<!  ヽ      | ヽ  |




          ,.ィ'" ̄;.;.`ヽ、    
         /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ      
         ,イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.「 ̄ `' ー-.、
       / ル,;.;.;.,.r‐--、;.;r、;.:L_      ヽ、
        |  L_`"'、 __,.、 l;llヘ!;f'  ,      ',           頼む、何か知っているなら教えてくれ
       ∧ ヾ=,!´ー≡″L/   !         ',
      ,'    ヽl   __ j /ヘ   i!       ,  ',          非礼ならいくらでもわびる……
      ,'     i!`く-‐' ,イ   ,./i l      /   ',
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i.        なんなら、オレの肉体を好きにしてくれてもいい
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ       オレの尻の穴は事件が起きて以来ひらきっぱなしだ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l       この感覚が、オレを事件の真実へと駆り立てる……!
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //
     U U U   /ノノ_/     `ー─'″




               __ヽ、 |!__
            _,.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::`丶.
            ///l,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          /レ' ヘイ//レ' ivl::::::::::::ハi\}\:::ヽ.
        /::::::://::::::::::::::::::ノハ!:::::::::::|,ハ l\ ト、}::::ヽ,
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::::ヾ:::::::::::::i
      /ィ:::::::::::::::::::::::::::::::,イ:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
    '´/:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::li:::|ヽ、:::::、::::::_:::::::::::::::::::::::::|
     l':::::::::::::::::::/|:/i:::/  i::|゙V   \:::ハ:::i ヽ::::::::::::::::::::l
     !/| ハ:::::::::i l! |/   リ     ヾ ヽj  ゙リ、:::::::::::/
        !ハ:::|V  _,.-‐、    `  ̄`゙二ー‐-、  i::::_;:/  
       rヾ! ,. ´,.r=,ミ.ヽ      'l´ト‐i`ヽ  |:/r'´゙l
       ヽt゙、  i r'::;リ        ゞ='-'    リ tヲ/
        \ヽ. ` ̄  ,     〃〃 !   ー'ノ
          ヽ_i   ''"  '、           /ー'"
               ゙.              /
               ヽ、   ゙、二フ    /!
              丶.        /Vヘ!
                > 、.   _,. '"  |`ー-、
              / |   ̄      |、ノ  l
             /   ,|        /   `}__
            ノソ   i !         /     ! i、
        _,.-‐'"/     !      /     l  `゙-、




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::─ :::::: ─\           服を着ろ……とは、もう言うまい
  /   <●>::::::<●> \
  |       (__人__)    |         サイレンの音が聞こえてきた
  \  ..   ` ⌒´   /           私たちに残された時間は少ないようだ
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i          キミの問いに答えよう……
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




            530 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 20:41:32 ID:0OXFVW4i

            嬉しそうなのシンジだけwww
            そら疑われるよなww




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <ー>::::::<ー> \         世界には、固有の文字を持たぬ民族がいる
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <●>::::::<●> \     彼らの中でも、特に沿岸部に住む者たちの言葉の間には
  |       (__人__)    |    驚くほど発音や音節の似通ったものがあることに気づく
  \  ..   ` ⌒´   /     
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..     私は、キミが口にしたその言葉と非常によく似たものを
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     彼らから聞いたことがある
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




      ./ ̄\
      |     |
       \_/     
      __|___  
     /      \     /)
   /  ::::\:::::/ \   ( i )))     シンジ君、キミは古代イヌイット族たちの風習を調べに
  /   ..<●>:::::<●>...\ / /      カナダのバフィン島へ行った時のことを覚えてるかね?
  |       (__人__)   | /  
 /        ` ⌒  /         私たちは、町の古老から、確かにその言葉を聞いたはずだ
/  _         /´
(___)




             ,. -‐………‐‐一ァ
             /.:::::/l.:::::/.:i::{:::::<_
              /.:::::,lィ≠≧厶∧|`ヽ:::::`ア
             /.:::::/l/ ,f弋{「``  、__厶::::ト
          {::::::::{         く衍∨!::l      そういえば……
          jr弌:!          ′ !」``      お、思い出しました!
          { ⌒`       一 、    } 
           ヽー┘            , ' 
           `T7        , '         いわく、それは秘密ではないが
            个        /          決して声高に唱えられる言葉ではなく
.              |     厂「´            必ず小声で囁くものである……
         _. -‐┤       「ノ`ヽ
         ∠    |     /   }
.        }  } ,r<_   /  ∧ 厶__
.       ,'   て{::::.::.:.:.: ̄」 /  ヽ {、 `丶、




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\.        私は遥か以前、研究のため世界中を飛び回っていた時分にも
  /   <●>::::::<●> \       北アフリカ沿岸部でヴァンダル族の末裔と名乗る人物から
  |       (__人__)   |       同じような言葉を聞いた
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..       ひょっとしたら、彼らは遠く距離を隔たれていても
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i .      海で一つに繋がった共同幻想を作り上げたのかもしれんな
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <ー>::::::<ー> \      いわく、それは文字を失ってしまった祖先たちから
  |       (__人__)   |.     口伝えに受け継がれてきたものである……
  \  ..   ` ⌒´   /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



       ______      
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|      
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;| 
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;| 
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i          ……それは?
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |
 |'. (|       彡|          |)) | 
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/  
   .|゙      、,.−-‐ 、,,     | 
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |











      / ̄\
      |    ..|
      \_/
       _|___
     /      \
    / ::::\ :::::: /\
  /   <○>::::::<○> \     フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン
  |       (__人__)    |
  \  ..   ` ⌒´   /     ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん……
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、..
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||





      ルルイエの館にて 死せるクトゥルーは 夢見るままに 待ちいたり ――













          , --v‐‐- 、
        /         ヽ,
       /     .       ヽ
      /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
       7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
      ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `        狂気とは個人にあっては稀なこと
        |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj.         でも、集団・民族・時代にあっては通例
         l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`    
         .l .ト、.  -  ,,イ./     
        ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_.          事実というものは存在しない
        , イ'i |   | `ー'゙ l  l |`iヽ.        存在するのは解釈だけ……
      /::::l. l l   lミ==_ィl_l | | ::i,   
      _l:::::::| l |_,,,,,_|_  |     ̄¨'li|.  
    .//:::::f''~~    |l |       |li,─
     i::::::::l      |l |_.,,riY'i  |lヽ__
    | |;;=、;>'三{   llV./f.!.| |.}^*'~ヾ 
     |/:::::::{_ 彡'-┬''゙゙Y'ヾ、!゙ヶ-'゙:::::::::::l  
    {:::::::::::::У:::::::トvイ「ivイ::::ヽ;:::::::;;イ゙ 
     ト、;;;;//::::::::::l'‐l.| |.|, |:::::::::::Y゙ | |  



                         _ , ─ - 、
                     , -‐'´      ヽー 、
                    , .'´        ソー     ヽ
               -≠Z´, ,           ヽ    ヽ
                 / / / / /,        、  ヽ   ヽ
                  / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
               /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |    l
                 l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                 l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l
                    |' .',lx!i !|::;:}    _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、     誰かが言った 「神は死んだ。」 と
                    i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `
                        lヽ   '    `ー'/ .//,.ノ/ |
           l 、    ,、   |/ ヽ、 -    /ソ /ィX.、.          もし神というものが存在しなければ
          r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ
           てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l },        彼を創造する必要があるのかもしれない
       , -‐y‐ '{ /´::::::、ヽ. ̄ヽy'-´ヽヽヽ       l l !' 
        ,〃'´    Y´:::::::::::::}  /ー:、:::::::ヽ', ',       l l !
      {、ヽ     l:.:::::::::::::::l /:::::::::::::ヽ:::::l | l       ///
      | ヽヽ、   i::::::::::::::::l/::::::::::::::::::::i;:::l l l    ,r ニ 'l          あるいは、それこそが ――?
.       | ヽヽヽ    !:::::__r/:::::::::::::::::/ノ::::l l l -_二-'´ィ´    _.
       |  ヽ >ヽ/ !:::::/:::::::::::::::::::/::::::::::l !‐ニ-‐ '´ f  _, ,z, ' ,)
  _   |、  ソ ヾ' ´|:::/::::::::::::::::/:::::::::::::::ー'´::::::::::://i,ニ'"//
 ,´ヽ、_ニ、 !::7     ';::::::::::::::::, '::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::, -_,'-_´〆
 i  /:::/|:::!    、   ー┬-:イl:',:::::::::::::::::_, .- ニ-_ニ-,'::f
 ヽ ゝ'/:j:::ヽ___ \   l--:i:::!:\_,.r=ニ´-‐_´‐'´::/i
  ヽ.`ヽ:::::::::::::::{、ヽヾ-、  ',--!, -_´- '二 -‐ ´::::::::::::::::イ
    ヽ ヽ、___,ri} `-xヽ>_´r‐i ´ ̄´::::::::::::::::::::::::::::::!/!'
     ヽ、  !,)_=-'_,X、          r‐ニ´-'´   ヽヽ!: : :ヽ _/:::::::::::::L, -'´   | |
       ´        | | 、_,-_ニ ' ̄ ´      | |
                 | |`-.´               | |
                | |             | |
                    | |               | |
                  | |               ,) |
                 | |         , -_'.- '´
                     | |       _ -_´-´
                   | |   _,. -,´-'´
                 !ヽ-,´-'´
                 `´


          __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//              それでは次回まで、さようなら
        ` レヽ ! ̄   ' └' //
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ
         /::::\ ――──‐┴‐‐┐
         /::::::::::|            , !
         /::::::::::::レ┐         , !、
         〈:::_/::{  ]   続く    {  l
       /::´::::::::::>ー'         └,ヘ
        {::::::::::/::|________ !::}
       `ー‐フ:::::::::::::::|/廾、ヽ:::|`
          /:::::::::::::::::|∨| || V::::|
           l:::::::::::::::::::| ̄| || |:::::::〉
         >┴┴┴'   VV┴ ヘ
       /    ∧   ∧  \

            









            545 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 21:07:27 ID:0OXFVW4i
            
            ℃◆トォ/ホヘ?×唐ヘまだかな〜










       ________
     /   ///  /|
    /   ///  /  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .  |
   |.          |   |
   |.          |   |
   |.          |  /
   |_______|/


    _ _   
  / / ________
     /   ///  /| ガタガタガタ
    /   ///  /  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .  |
   |.          |   |
   |.          |   |||
   |.          |  ///
   |_______|/





            548 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 21:09:07 ID:4ZsJekbU

            ……はこ?







         〃⌒ヽ へ
         (・ ・ )へ \    
         ルリハヽ/⌒ヽ
      _/⌒/⌒/ /  |__ パカ
     / (つ /_/ /\ |  /\
   /  (_____/ . ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |             .|  \/
    |__________|/



    _
   ( ∩
    \\  〃⌒ヽ へ
      \\(・ ・ )へ \
       \ ルリハヽ/⌒ヽ
      _/⌒/⌒/ /  |__
     / /_ /_/ /\ |  /\
   /  (_____/ . ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |             .|  \/
    |__________|/




            552 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 21:10:41 ID:jpF6o7cq

            ℃◆トォ/ホヘ?×唐ウんこんにちは






    / )              
  ./ /               
  / /                 フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン♪
 ( (   〃⌒ヽ  へ      
  ヽ ヽ (・ ・ )へ  \       ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん♪
   .\\ノルリハヽ          
    ハ      \    ( E)   
     |    /ヽ ヽ_//    







       /    , ', '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\',: : ヽ 、
      ィ /   //::::::::::::::::::::::::::::: _:::::::::::::ヽ\: :.ハ '
     /:レ′  //::::::::::::::::rァ‥'  ̄   ー-、:::::::::ヽ: :.ハ
   /: :l   //:::::::; ィ´/{ l'     _/  _,.\::::::ヽ:.:ハ
   |: : | .//:::::::イrー''"  ヽ _ ィ 「´  /_,,. ..,_ \:::ヽ:.ハ
   |: : |//::::::::イ:::仁   ゝ/|::ハI|   '.ィ'´    Y  iヽヘ:ハ        言葉の意味など知らなくてもいいんだ
   |: : {/:::::::/:::l| |厶人_∠   !l li| 〃:{i     {_| い:.ハ」
   |: :.||::::::/:::::l| T 丁 ̄`¨ 、|I  | {l /\ _ /゙ト┘ Z-‐|      みんなで、ただ無心に唱えよう!
    l: :.||:::/:{:::::l| :j_,⊥ミ-=ミヽ|{  ヾ ト=┬=く=彳⌒ヽ li| _,!
    l: :|{/::::{:::::l|/    Y   })) =、 ヽヾ、ヽ r‐ヘヽ ヽ、 }ii「 ヽ
    l:ィヘ:::|:::::li{      ! _ニレ'   '      ヽ=イ _し〜' lliレo/     格調高く、声高に、魂をこめて……!!
    {   | lト\_,.ハ __ヽ        ノ _ュ   冫  J|i_ イl
    ヽ、     ヾ`  l} }}\斗'…‐、` _r〜'´Y  / ̄ ヽll:l::!       
     〈 \ー-、   》} }} / 、__, '  VI  ヽ __>く_{{ -一' :l:::l
        \   /,;.,;,/ヘy:: : ::;,::: . . : : : : : : : "ヽ  : : i'
  ィ''ー-=―――”;;:rjソ;;;;;;oi::  : :::::::.::. : : : : : :    _ i ヘ: : : :
  ! イ⌒"'-ー 、五rツ';;;;;;;;O从: :. :.r‐、:::. : :,;;;::: : : i';;;;|): : ノ
  ヘ ∨^ ̄三ミ''ー''rtO;;9;;ノ>ri:. : 3;)ソ:.:.:..  }ヘ: : : : !;;;l: : /|
    )( .:r之こ;:;:;:;:;:;_98O○oヾ、:: i!';;;ヽノ:. | ): : ノ;;;;! : i'
  //! !、  `"''フ;;:.:;;;.:;::.;.:O_,=!::.:. };;::;;|@;;: ! i': : /|;;;;i ヘ::ヘ
  ((  ! 1    /.:;:;;:;;:;;_,-'て:.:.:.:_,ノ|:. /、; 八: : i'  };|  \\
  `" ! i!     !;;:;;:;;::(  {: :( /   |:: l}   / i ヘ::ヘ  !;;!ー、} ノ'
     ノノ     ヽ;;::::.\ ゝ、ヽ、 {;: {q ,'::::i  \\i;:i 彡イ/
   (r'        "''-ニ二ヾ i / 人,,,_二テ=ー、} ノ'!;!
    )       r''"ヽ、  ヽヽi::i'    _,rfニ彡イ/ ii
            )   ー=ニ,,人!  ,rシ''´    .|!__丿
                     V (_ノ⌒ ⌒ヽJ




    / )              
  ./ /               
  / /                 フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン……♪
 ( (   〃⌒ヽ  へ      
  ヽ ヽ (・ ・ )へ  \       ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん……♪
   .\\ノルリハヽ          
    ハ      \    ( E)   
     |    /ヽ ヽ_//    




            557 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 21:14:25 ID:4ZsJekbU

            分かりました! ℃◆トォ/ホヘ?×痘l!

            フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン♪
  
            ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん♪

            562 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 21:23:12 ID:vkM+8+FK

            フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン♪
  
            ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん♪

            563 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/04/06(月) 21:26:04 ID:oYIqbpxw

            フングルイ・ムグルワナー・クスルウー・ラ・イラー・ウガーナグル・タイン♪

            ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん♪







            








inserted by FC2 system